予防処置

Prevention

病気になってしまう前にできること、それが予防処置です。
健康な歯を守る取り組みをご紹介します。

予防処置とは

予防処置とは

ご自身の歯を長く丈夫に使い続けるためには、なんといっても予防が重要です。一度虫歯治療で削った歯の寿命は、短くなるといわれています。歯を支える歯槽骨も、重い歯周病で溶かされてしまうと、自然に再生することはありません。口内の病気はどんな優れた治療で機能を回復させても、完全に元通りに再生するわけではないので、予防処置で病気にしないことには敵わないのです。
予防のためにはまず、病気になっていないか、病気の予兆はないかなど、定期的に歯科でチェックし、歯垢・歯石の除去を中心に口内を清浄にするケアを行いましょう。
患者様ご自身による毎日のケアももちろん大切です。当院ではより良いセルフケアをアドバイスしています。

若いうちから口腔内環境を保つ大切さ

若いうちから口腔内環境を保つ大切さ

欧米の歯科先進国では予防意識が高く、痛くなる前に歯科医院に行くことが常識となっています。例えば歯科先進国のスウェーデンでは、8割の方が定期的に歯科を受診しているのに対し、日本は1割以下です。
その結果、スウェーデンの80歳の方は、20本以上もご自身の歯を維持しているという調査結果があります。日本の80歳の方では約12本と、歴然とした差が出ています。
口腔機能の維持が、認知症や誤嚥性肺炎など他の部位の病気も予防し、口の健康が全身の健康につながっていることが研究によって明らかになってきています。
将来にわたって歯と健康を守り続けるためには、若いうちから定期的に歯科医院でプロのケアを受けて、良い口腔内環境を維持することがベストです。

プロフェッショナルケア

毎日の歯磨きだけではどうしても落としきれない歯の汚れと、
防ぎ切れない病気に対しては、プロのケアが有効です。

プロフェッショナルケアとは

虫歯や歯周病を引き起こしているのは、口内の細菌です。細菌は健康な状態でも存在していますが、清掃が不充分だったり免疫力が低下したりすると、バランスが崩れて急激に増加します。
とくに口内に残った食べカスは細菌の温床となって、歯垢としてこびり付きます。歯垢のような細菌の膜状の集合体はバイオフィルムとよばれ、ネバネバと強力に粘着し簡単には落としにくいという特徴があります。排水溝の汚れなどと同じ現象です。
歯科医院では、歯磨きだけでは完全に除去できないこうした汚れを、専用の器具で徹底的に清掃します。
病気の早期発見・早期治療のための定期検診と、フッ素塗布などの予防処置も定期的に利用していただきたいプロのケアです。

プロフェッショナルケアの治療

当院ではさまざまなプロフェッショナルケアで、患者様の良い口腔内環境を維持するお手伝いをしています。

SRPとは

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)とは、専用の器具を使用し、
歯石や歯垢を除去する、歯周病の初期段階における治療です。

セルフケア

日常のセルフケアに気を配り予防に努めると、
歯科治療で回復した健康な状態を長く維持し続けることができます。

セルフケアとは

歯科医院でのプロフェッショナルケアと、ご自宅でのセルフケアが、歯の健康を維持する両輪です。
セルフケアのポイントとなるのは、歯垢の除去です。虫歯や歯周病の原因となるのは、口内細菌です。食後、口の中に残った食べカスは歯垢となり、細菌の温床になります。口内の汚れは、細菌が増殖する前に清掃して、歯や歯肉へのダメージを防ぎましょう。
歯磨きだけでは約6割の汚れしか落とせないので、そのほかのデンタルケア用品も活用してください。歯と歯の間には歯間ブラシやフロスを、歯と歯肉の境目の清掃にはタフトが便利です。マウスウォッシュで仕上げると効果が長持ちします。
歯や歯肉が弱っている方には、液体歯磨きもおすすめです。

セルフケアの種類

セルフケアに役立つデンタルケア用品をご紹介します。しっかり清掃できると、虫歯・歯周病予防はもちろん、口臭も防止できます。